2016-01-27

データ更新を行いました

「英辞郎 on the WEB Pro」「英辞郎 on the WEB Pro Lite」「英辞郎 on the WEB」のデータ更新を実施しました。
現在収録しているデータは以下のとおりです。

「英辞郎 on the WEB Pro」 「英辞郎 on the WEB Pro Lite」 「英辞郎 on the WEB」
バージョン ver.147(2016年1月20日時点)
英和見出し項目数 201万 201万 201万
英和例文数 104万 14万 0
和英見出し項目数 322万 233万 218万


「英辞郎 on the WEB Pro」の例文データには、国立研究開発法人情報通信研究機構作成の『日英新聞記事対応付けデータ』が、英和対訳、和英対訳の形で組み込まれています。

2015-12-21

アルクのユーザーミーティング 「私のとっておき利用法を紹介します」レポート (3)

★ユーザーミーティングレポート第一弾は、こちら
★ユーザーミーティングレポート第二弾は、こちら

前回のユーザーミーティングレポートに引き続き、今回(最終回)は、「英辞郎 on the WEB Pro」の頻度集計機能、翻訳業務への「英辞郎 on the WEB」活用法をご紹介します。

「英辞郎 on the WEB(Pro)」と『英辞郎』を使い倒せ!

~私の使い方を紹介します~ その4



「頻度集計の活用で、より自然な単語の組み合わせを確認しながら英文を作成」
スピーカー:O・Sさん(通信/法務系)



通信系の企業で法務関係の仕事を担当しているOさんは、英文契約書の作成などで英語を使う機会が頻繁にあるそうです。英文契約に加えるコメントや海外顧客とのやりとりでは、礼儀正しくかつ、依頼や提案といった細かいニュアンスを的確に伝える必要がありますが、決して英語が得意というわけではなかったOさんは、業務のサポート役として「英辞郎 on the WEB Pro」(以下、EOWP)を4、5年前から愛用。きっかけは、チームの先輩に勧められたことだそうですが、「使えば使うほど良い面が見えてきた」と言います。

■動詞と相性のいい副詞は、「頻度集計」機能で探す

例えば、「ありがとうございます」を丁寧に伝えたいとき、appreciateとどんな「副詞」を組み合わせるのがよいのか、すぐにはピンときません。そこで利用するのが「頻度集計」機能。このコロケーション表示を利用すると、検索した語句の前後で、どんな単語が頻繁に使われているのかが分かります。例えば「appreciate」と検索窓に入力した後、検索結果の右上にある「頻度集計」をクリック。結果にはappreciateの前後3語目までが多い順に表示され、「本当に」に相当する語句としてはreally、greatly、sincerely といった副詞をappreciateの前に付けると相性がよい、と分かります。また、後に続く単語にはthatがあり、that節を続けてよさそうなことも分かります。確認のために「appreciate that」で英和検索をすれば、確かに「~してくれたことに感謝しています」という意味の例文がヒットします。



※頻度集計画面右上の「頻度集計設定」を利用すると、「指定した単語を除去して集計する」の設定によって、the、a、I、his など、不要な単語を結果表示から除去することができます(除去したい単語が複数ある場合は、「カンマ+半角スペース」で区切る)。

また、便利な表現に出会ったら、その内容をエクセル表にコピーして、後で使えるように整理しているとのこと。自分が見つけたフレーズとともに、相手から受け取ったフレーズも蓄積していくことで、表現の幅を広げているそうです。


~私の使い方を紹介します~ その5


「ブラウザの1つを“英辞郎専用”にして作業効率をアップ」
スピーカー:S・Oさん(化学メーカー/開発)


化学系メーカーで製品開発、不具合対応、基礎研究などを担当しているSさん。英語は、メールや技術資料作成、社内外の会議、論文・特許のチェックなど、多方面で日々使用しています。「英辞郎 on the WEB」は、無料版を7年使用した後、有償版のEOWPに移行して2年が経過。現在は、iPhoneやアマゾンのタブレット端末FireHDでも利用しています。

■EOWPは、広告非表示だから職場でも使いやすい

Sさんが有償版に移行した大きな理由は、広告が表示されないことと、小窓モードが使えることの2つ。前者は、職場でWebサービスを利用する場合、余計な情報が表示されない方が堂々と使いやすいため。後者は、小窓モードの小さいウィンドウを画面の隅に置いておけば、メイン以外のスペースで別のアプリケーションを開いて、英語の検索とその他の作業を効率よく進めることができるから、と言います。


Sさんの作業環境でユニークなのは、一般の情報を調べるためのウェブブラウザーと、英語の辞書検索をするウェブブラウザーを分けて使っていること。前者にはInternet Explorerを、後者にはChromeを割り当てています。
「ネットで調べものをしていると、追加情報を追いかけて次々に新しいページを別タブで開いていくことが多く、1つのブラウザーを使っていると、EOWPのタブが埋もれてしまいます。その点、ブラウザーを分けて使えば、タスクバーでアイコンをクリックするだけですぐにEOWPの画面を呼び出せるし、元のブラウザーや作業アプリの画面にもすぐに戻れるため、快適に作業が続けられます」。

英語の辞書検索は、言わば、本来の研究や調査作業を中断する行為。できるだけ素早く画面を切り替え元に戻れるようにする一工夫で、使用のストレスを軽減しているのです。

~私の使い方を紹介します~ その6

「瞬時に人を惹きつける、インパクトのある表現を探す」
スピーカー:佐々木美幸さん(外国政府機関/通訳翻訳)


外国政府機関の通訳翻訳官である佐々木さんの仕事の1つに、そこで働く日本人従業員の投書を英文に翻訳する、という業務があります。平たく言えば、現場からの要望やクレームを英訳する仕事ですが、この仕事ならではの特徴は、投書の読み手が軍将校であることと、書き手が匿名であることが多く、内容に不明な点があっても真意を確かめられないことだと言います。将校たちは多忙なため、 “普通の英文”では、後回しにされる場合があります。そのため、限られた情報を元に、インパクトのある英文に再構成する必要があります。「特に日本人の苦情は、文章が感情的で冗長なことが多く、翻訳者泣かせですね」と佐々木さん。元の和文の背景にある日本的な感情や論理を、そのまま訳しても外国人には共感されないことが多いため、文化や立場が異なる人にも明快に伝えることを意識しているそうです。

そんな佐々木さんは、EOWPを「表現探し」の資料として活用。日本人の視点で書かれた文章を英訳する際、よりふさわしい英語表現がないか、アイデアを練るときの材料にしています。

例えば、和文で「彼は、好き嫌いで人の扱いが違う」という内容を英訳する場合。普通に直訳すれば、
His handling of people is different depending on whether he likes that person or not.
などとなり、これでも十分、意味は伝わります。しかし、忙しい高官に「ぐっと迫る」英文かといえば、少々疑問。そこで、EOWPで「人の扱い」を検索してみます。すると、treatを使った表現が見つかり、日常的に多用する動詞のため、こちらの方が適切と考えます。また、「好き嫌い」で検索すると、
likes and dislikesという表現が見つかり、同じく頻出フレーズなので、次のように書き直します。
He treats people differently on the basis of his likes and dislikes.
よりコンパクトになり、意図が端的に伝わり瞬時に心をつかむ一文となりました。

さらに、EOWPで見つけたフレーズでも、疑問を感じた場合は、Googleで「フレーズ検索」(調べたい語句を“ ”に挟んで検索すること)を必ず行います。
ヒット件数とその文脈を信頼できる英文サイトで再確認することで、意図する意味かどうかを判断していると言います。英訳したい語句を検索したときに、ピンと来るかどうかで翻訳者の力量が問われる、と佐々木さん。質の高い翻訳をするために、日頃のインプットを大事にしているそうです。


最後にいくつか今回のユーザーミーティングに参加した方からいただいた感想やご要望をご紹介します。

■「日本語+英語」の検索ができることを知って感銘。例文が豊富で、政府の公式文書のデータも収録されているので、行政向きの文章の書き方が分かってありがたい。(40代・女性・大学教員)

■実際の機能を、独自の工夫で使っている方の話が興味深かった。意味が多い単語については「通常は○○として使う」のような付記がさらに充実されればよい。(50代・男性・翻訳)

■仕事では定型文書を英語で作ることが多いが、同じ単語を何度も調べてしまうので、単語帳が便利そう。仕事で使う専門用語が豊富な点が助かる。(50代・男性・製薬)

■和英検索だと、英単語の発音を確認するためには、英和の再検索が必要なのが残念。リンク機能をもっと強化してほしい。(40代・男性・会社員)


お寄せいただいた声を参考にして、「英辞郎 on the WEB」をこれからも進化させていきたいと思います。

2015-12-10

「英辞郎 on the WEB Pro Lite」でも検索履歴が表示されるようになりました。

これまで有料版「英辞郎 on the WEB Pro」限定の機能だった検索履歴が、「英辞郎 on the WEB Pro Lite」でもご利用いただけるようになりました。

ヘッダー部分にある時計マーク(下図参照)をクリックすると、最新の検索履歴一覧が表示されます(PC/スマホ共通)。


 またPC版では、検索結果ページの右側にも、単語帳登録履歴と一緒に表示されます。


なお、表示件数は10件となっております(Pro版は50件)。

2015-12-07

アルクのユーザーミーティング 「私のとっておき利用法を紹介します」レポート (2)


★ユーザーミーティングレポート第一弾は、こちら

前回の記事に引き続き、10月24日(土)のユーザーミーティングでスピーカーとして登壇してくれた方たちの「英辞郎 on the Web」活用法をご紹介します。


 「英辞郎 on the WEB(Pro)」と『英辞郎』を使い倒せ!

~私の使い方を紹介します~ その2


「覚えたい専門用語をタグで分類しながら単語帳に登録、学習に役立てる」

スピーカー:金子 萱さん(特許関連/事業企画)


金子 萱さんは、知的財産や特許関連の情報を扱う事業企画の仕事で、母語の中国語に加えて、日本語も英語も駆使するトライリンガル。「英辞郎 on the WEB Pro」(以下「EOWP」)は、有料版をブラウザのFirefoxで利用しています。

金子さんが「EOWP」で気に入っているのは、単語帳の機能。新しい重要な単語と出会ったとき、即座に単語帳に登録できるので、英語と日本語の勉強にも、とても役立っていると言います。


■必要な単語は、こまめに登録

例えば、patentという英単語を検索した場合。
日本語訳には「~の特許権をとる」「特許(権)」などとあり、仕事に関連した重要そうな単語だと分かります。このように「今後もよく使いそう」と直感した項目は、見出し語の左にある単語帳のアイコンをクリック。チェックマークが付いたら単語帳への登録完了です。単語帳の内容を確認するには、画面の上部に並んだ5つのアイコンのうち、単語帳のものをクリックするか、画面右側の「単語帳登録履歴」の右にある三角形のボタンをクリックして画面を移動します。



■「メモ」と「タグ」機能を使って、自分用にカスタマイズ

単語帳を開くと、新しく登録したpatentが英和単語帳の最上列に表示されていることが分かります。金子さんは、ここで「メモ」と「タグ」機能をフル活用。「メモ」列のアイコンをクリックし、ポップアップされるウインドウのメモ覧に必要な情報を書き込んでおきます。「全角文字で200字という文字制限がちょうどいい」と金子さん。「長すぎると、あれもこれもと書き込んでメモが冗長になってしまい、後で見たとき、かえって不便だから」とのこと。


「タグ」機能は、単語帳画面右の「単語をタグで管理する」という文字の下の入力欄から、タグに使う名称を追加すると利用できます。
タグ名を追加後、登録した単語の「タグ」列のアイコンをクリックすると、登録されたタグ名がプルダウンメニューに表示され、そこから選択することで、単語を分類できるようになります。タグ名は画面右側にリスト表示され、クリックすると、そのタグが付いた単語だけが表示されます。
この状態で、「選択した項目を復習する」をクリックすれば単語クイズができますし、「選択した項目を印刷する」からは、PDFでの出力が可能。金子さんはこのPDFを紙に印刷して持ち歩き、移動中に見直して勉強に役立てているそうです。

■「検索画面」と「単語帳画面」は別タブで

検索→単語帳登録の作業は、1つの画面で開いたり閉じたりを繰り返して行うのは煩雑に感じられますが、「検索画面と単語帳の画面を別タブで開いておけば簡単です」と金子さん。
つまり、「検索画面」で単語を登録→タブを切り替えて「単語帳」の画面を表示→「F5」キーを押してページを更新し、新しく登録した単語を確認、というふうに、作業がスピーディに行えるわけです。

金子さんは、単語帳を使って、自分用の例文集も作っているとのこと。例文のキーワードを検索して単語帳に登録し、メモにその例文を記録。タグ付けをしておいて、後で確認できるようにする、という具合です。

ちなみに、単語帳に登録した単語は、その後、検索して再度登録しようとすると「この見出し項目を単語帳に登録したのは2回目です」などと回数が表示されます。覚えたい単語は積極的に登録しておくと、よく使うのに覚えられていない、“弱点”の単語を認識しやすくなります。



~私の使い方を紹介します~ その3


「iPhoneのホーム画面にアイコン登録して、即座に検索」

スピーカー:O・Tさん(職場通訳翻訳担当)


職場で通訳の業務にも携わるO・Tさんは、「EOWP」をスマートフォン(iPhone)で多様しています。

Oさんがスマートフォンの「EOWP」を常用しているのは、外出先でも同じ内容をチェックできるから。自分のアカウントでログインすれば、パソコンでもスマートフォンでも、自分の検索履歴や単語帳などを常に最新の状態で利用できます。


また、スマートフォンは手元に必ずあるデバイスなので、「調べたい」と思ったときにすぐ検索できることや、レスポンスが速くて例文が豊富な点も気に入っているところだそうです。さらに、「検索履歴が50件と、出先で確認するには手頃な点も地味に使いやすいですね」と言います。

■「EOWP」のリンクアイコンをドックに登録

頻繁に活用するには、画面を呼び出す操作を単純化することが重要ですが、Oさんは、「EOWP」のリンクをアイコンにして(※手順は以下参照)、ホーム画面下のドック部分に登録しています。これにより、よく使うアプリケーションと同じ感覚で、即座にアクセスができます。アカウントやパスワードをブラウザに記憶させれば、ホーム画面からは多くても2回、画面をタッチすれば検索を始めることができます。


※iPhoneでこの方法を行うには、Safariで「EOWP」にアクセスした状態で、画面下の「アクションボタン」(□に↑が描かれたアイコン)をタップ。表示されるメニューのうち、下段のアイコン列にある「ホーム画面に追加」をタップします。

ちなみに、スマホ版は、頻度集計ができないなど、利用できる機能が一部限られていますが、「これはパソコンで書く際に使う機能なので特に気にはなりません」とOさん。逆に、機能が程よく限定されていることで、外出先で使いやすい点を評価してくれているようです。

----------
次回のレポートでは、「EOWP」の頻度集計の活用や、翻訳業務での利用についてご紹介します。


2015-11-27

データ更新を行いました

「英辞郎 on the WEB Pro」「英辞郎 on the WEB Pro Lite」「英辞郎 on the WEB」のデータ更新を実施しました。
現在収録しているデータは以下のとおりです。

「英辞郎 on the WEB Pro」 「英辞郎 on the WEB Pro Lite」 「英辞郎 on the WEB」
バージョン ver.146(2015年11月18日時点)
英和見出し項目数 200万 200万 200万
英和例文数 102万 14万 0
和英見出し項目数 319万 230万 216万


「英辞郎 on the WEB Pro」の例文データには、国立研究開発法人情報通信研究機構作成の『日英新聞記事対応付けデータ』が、英和対訳、和英対訳の形で組み込まれています。

2015-11-17

アルクのユーザーミーティング 「私のとっておき利用法を紹介します」レポート (1)

2015年10月24日(土)、東京渋谷のTKP渋谷カンファレンスセンターにて、アルクが主催する「英辞郎」のユーザーミーティングが開催されました。

「英辞郎 on the WEB(Pro)」を仕事で使っている6人の方が、実体験から「英辞郎 on the WEB (Pro)のここが便利!」という話を参加者の前でスピーチ。知らなかった機能、使っていなかった機能やTIPSが話題になったことで、参加者の方々からは、「実務での活用法が参考になった」「もっと活用できそう」といった前向きな声を多く聞くことができました。

本ブログでは、3回に渡り、スピーカーが提供してくれた「私の使い方」をご紹介したいと思います。また、6人のスピーチの後には質疑応答や交流会も行い、そこで参加者の皆さんの声も集めました。これも後続の記事で、併せてご紹介いたします。

2015-11-10

【予告】ユーザーミーティングのレポートをアップいたします。

去る10月24日(土)に、アルクの「英辞郎」ユーザーミーティング「私のとっておき利用法を紹介します」が東京で開催されました。

当日は「英辞郎 on the WEB (Pro)」ユーザーの方々が、便利な機能や、効率的な検索方法など、さまざまな使い方を紹介してくださいました。目的の検索結果に素早くたどりつくためのコツから翻訳の実例まで、実際に仕事で使われている方々の実体験に基づく内容は、「なるほど」とうなずかされることしきりでした。

本ブログでは、その模様を3回に分けて近日中にご報告いたします。どうぞお楽しみに!